主にNゲージ、HO蒸気機関車の鉄道模型と撮影記を扱っています。


by salam091

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
実物
蒸機
客車
電機
DL
DC
貨物(国鉄)
貨物(JR)
レイアウト
その他
EC
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 02月
more...

最新の記事

TOMIX HO-165 E..
at 2018-08-15 23:09
KATO 8016 ホキ22..
at 2018-08-13 22:43
TOMIX ワム80000 ..
at 2018-07-24 21:59
ロクハンのDCCデコーダー ..
at 2018-07-24 06:34
ロクハンのDCCデコーダー ..
at 2018-07-21 18:09
カプラー改造派注目のKATO..
at 2018-07-15 11:01
KATO京都店でマイテ58 ..
at 2018-07-14 08:14
京都鉄道博物館に行ってきた ..
at 2018-07-13 06:55
京都鉄道博物館に行ってきた ..
at 2018-07-11 05:32
京都鉄道博物館に行ってきた
at 2018-07-09 21:55

最新のコメント

> Yaasanさま ..
by salam091 at 19:00
気になって調べたところ、..
by Yaasan at 07:28
> taka@さま お..
by salam091 at 22:01
> Yaasanさま ..
by salam091 at 21:59
salamさん、こんにち..
by i-qss at 12:17
レビューありがとうござい..
by Yaasan at 06:17
ジュンパパさんお久しぶり..
by salam091 at 06:54
お晩です、コメントご無沙..
by ジュンパパ at 22:33
> Atsushiさん ..
by salam091 at 21:01
御無沙汰しております。 ..
by Atsushi at 21:51

外部リンク

タグ

(317)
(307)
(224)
(206)
(136)
(133)
(123)
(64)
(54)
(42)
(34)
(32)
(21)
(20)
(15)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

カテゴリ:DC( 7 )

ロクハンのDCCデコーダー A059室内灯型をTOMIX キハ40に搭載する(M車編)

追加注文したデコーダーが届きました。
f0229311_06235808.jpg
T車同様の工作をしました。カット位置も同じです。
f0229311_06243120.jpg

T車編と同じ工作をします。台車スプリングとの接触部を除き、一度カプトンテープで銅箔テープを絶縁した後、モーターへの接点スプリング部分への配線を同じく銅箔テープで準備。
f0229311_06250239.jpg
M車の床下はスペースがなく、特にシートパーツと基盤の間のスペースがシビアです。
このためケーブルはデコーダー付属の被覆線ではなく、ポリウレタン線に付け替えました。特に灰・橙のモーター線は長めに基盤下を這うので被覆線だとモーター部とのクリアランスが厳しいようです。
ちなみに、ケーブルは基盤側を先に半田付けして、デコーダー側を後にするとケーブルの長さがピッタリでも作業が簡単です。デコーダーへのアクセスが簡単な室内灯タイプの利点ですね。

ボディを戻して、プログラム線路でアドレスを書き込み。
f0229311_06290845.jpg
CV2(起動電圧)を調整してやる必要があります。そのままだとスロットル不感帯がちょっと大きい。(TOMIXモーターの起動電圧が高い)
f0229311_06324266.jpg
室内灯はちょっと明るすぎかも。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2018-07-24 06:34 | DC | Comments(0)

ロクハンのDCCデコーダー A059室内灯型をTOMIX キハ40に搭載する(T車編)

Zゲージ鉄道模型メーカーのロクハンからDCCデコーダー2種が発売されました。

bEMF検知がないのが残念ですが、室内灯込みの価格的な魅力と、Nゲージを意識したデコーダーであることからA059を入手してみました。
f0229311_17364068.jpg
中身はこんな感じ。説明書が和英2種類で、輸出を意識した内容です。
f0229311_17372505.jpg
TOMIXのキハ40に搭載することにしました。この車両はDCC化するためには基盤のパターンをあちこち切ったりしなければならないので面倒でアナログのまま放置してあったもの。
ロクハンデコーダーは5FXで、FX1とFX2(前灯、尾灯)は両極性(+/-反転)モードがあり、配線がシンプル化できることが魅力です。

デコーダーと車両を並べて悩みます。
f0229311_17434266.jpg
キハ40の場合、ロクハンデコーダーのカットが必要です。TOMIX室内灯同様の給電方法を採用しました。上の写真でJS0090スプリングが入っているのが分かるでしょうか。
デコーダーは説明書④の位置でカット。「室内灯Aタイプモード」という形。ロクハンの説明書で集電スプリングを引っ掛ける部分を使って、同じようにJS0090スプリングを引っ掛けます。
キハ40の基盤パターンはほぼそのまま生かし、銅箔テープでJS0090スプリングに給電することにしました。
f0229311_17515776.jpg
基盤6カ所のスルーホールはΦ0.7mmドリルでさらい、表裏を絶縁しておきました。「◁」側が室内灯スプリング設置する側となりますが、こちらもカプトンテープで絶縁し、この上に銅箔テープの舌の部分を乗せました。
f0229311_17530889.jpg
基盤改造が完成したところ。ウェイトにもカプトンテープを貼っておきます。
f0229311_17485402.jpg
デコーダーとJS0090スプリングを組み合わせたところ。純正室内灯ほどのフィッティングではありませんが、接着剤は不要です。念のためスプリングと基盤はハンダ付け。
f0229311_17550375.jpg
T車なのでライト基盤とつなぐ配線は白、黄の2本だけです。これらはシートパーツにドリルで穴を開けてケーブルを通し、ライト基盤にハンダ付け。
両極性モードを使うため、青線は不要です。もったいないような気もしますが、モーター用配線の灰、橙、F2の紫と合わせ、4本のケーブルは基盤から除去。
f0229311_17545848.jpg
ステップごとにテスターで通電と絶縁を確認しておいたので、レールに乗せてZ21でプログラムします。
f0229311_18025348.jpg
F0で前尾灯点灯、F1で室内灯点灯です。
f0229311_18034059.jpg
F1で室内灯を消すこともできます。
f0229311_18040543.jpg
前尾灯はF0でコントロールするだけなので、前灯のみ、尾灯のみのコントロールをDCCのファンクションで行うことはできません。
このため元の模型の消灯スイッチは残してあります。

模型の窓の高さから覗き込んでもデコーダーはあまり見えません。
f0229311_18073236.jpg
デコーダーは一個しか入手できていないので、ここで一旦お休みです。M車も同様に加工する予定です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2018-07-21 18:09 | DC | Comments(2)

TOMIX 8411 8412 キハ58 400形 8413 キハ28 2300形 入線

今年初のNゲージ完成品の入線は3月に入ってから。
予約していたキハ58/キハ28が届きました。
f0229311_16533876.jpg

8411 キハ58 400(M)。
f0229311_16555229.jpg

f0229311_16561477.jpg

8412 キハ58 400(T)。床下ディテールはT車のほうが遥かに優れています。
f0229311_1733770.jpg

f0229311_16561169.jpg

8413 キハ28 2300。こちらはT車しか設定されていません。
f0229311_1714254.jpg

f0229311_1659254.jpg

付属品は幌、排障器、スノープロー、JR無線アンテナ、アーノルドカプラーアダプタ。
f0229311_1742041.jpg

JR無線は取付けません。スノープローは単線用を選択して取付ました。
パーツを取付けると引き締まりますね。
f0229311_1744446.jpg

以前から持っているパノラミックウィンドー車です。同じキハ58でも雰囲気は結構違いますね。
f0229311_1765750.jpg

三両ともパーツ取付けを完了。キハ58(T)は幌なしとしました。
f0229311_176479.jpg

パノラミックウィンドー車と一緒に、レイアウトで記念写真。
f0229311_1783599.jpg


今回、この記事を書くためにパノラミックウィンドー車を導入した記事を調べましたが、3年9ヶ月も前だったことに驚きました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2014-03-02 17:13 | DC | Comments(0)

KATO 10-1165 キハ111-100+キハ112-100 2両基本セットを買ってみた

JR東日本管内の非電化ローカル線ではどこでも見掛けるキハ100系。
撮影に行った時には練習台でしかないのですが、良く見掛けます。
八高線
f0229311_21164773.jpg

磐越西線
f0229311_21183481.jpg

模型店でキハ110のセットを見掛けたので買ってみました。
f0229311_2122097.jpg

プラケースではなく、増結なんかと同じ発泡スチロールの簡易パッケージになってます。これあまり好きじゃないんですが。
f0229311_21223634.jpg

付属品はベンチレーター、信号炎管、JR無線アンテナの3点と、方向幕ステッカー。
f0229311_2123168.jpg

早速ベンチレーター等を取付けます。下が完成状態。
f0229311_21235913.jpg

レイアウトの上に置いてみました。
f0229311_21251512.jpg

今回生産のロットから、前照灯がLEDになったそうです。旧製品は持っていないので比べられませんが、明るさ、色共に満足のいくものです。
f0229311_2126440.jpg

貫通幌はキハ112-100側のみに付いています。
f0229311_21262480.jpg

走行も軽快で、なかなか良いと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2013-04-24 21:30 | DC | Comments(0)

KATO キハ40系のLED交換

以前購入し、TNカプラー化してあったキハ40ですが、ヘッドライトのLEDはやっぱりオレンジ色です。
f0229311_11342459.jpg

分解してLEDを交換することにします。
f0229311_1134509.jpg

ライトユニットはこんな感じになっています。
f0229311_11351598.jpg

ピンセットで掴んで外します。
f0229311_1135451.jpg

オレンジLEDをハンダを溶かして除去します。基板とライトユニットのプラパーツは組立後にハンダ付けされているので、分解はできません。
f0229311_11363229.jpg

LEDを取り去ったところ。ライトユニットはこういう構造になってます。
f0229311_114096.jpg

電球色LEDを取付けます。右に長い足が来るのが正しいです。
f0229311_11365953.jpg

余計な足を切り取って、再び組み立てれば完成です。
f0229311_1138585.jpg








にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2012-12-16 11:40 | DC | Comments(4)

KATO キハ40系

先週土曜日にジョーシンの実店舗で見掛けたので買ってしまいました。
f0229311_7503589.jpg


More
[PR]
by salam091 | 2012-06-17 08:11 | DC | Comments(4)

TOMIX キハ58+28入線

結局、JRロゴ入手のためにキハ2両が入線しました。
f0229311_23111899.jpg


えらく高価なインレタです。
まあ、小レイアウトにはとても似合う車両なので、思い切りました。
早速、レイアウト上で記念撮影です。
f0229311_2312434.jpg

[PR]
by salam091 | 2010-06-28 23:12 | DC | Comments(0)