主にNゲージ、HO蒸気機関車の鉄道模型と撮影記を扱っています。


by salam091

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
実物
蒸機
客車
電機
DL
DC
貨物(国鉄)
貨物(JR)
レイアウト
その他
EC
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

ロクハンのDCCデコーダー ..
at 2018-07-21 18:09
カプラー改造派注目のKATO..
at 2018-07-15 11:01
KATO京都店でマイテ58 ..
at 2018-07-14 08:14
京都鉄道博物館に行ってきた ..
at 2018-07-13 06:55
京都鉄道博物館に行ってきた ..
at 2018-07-11 05:32
京都鉄道博物館に行ってきた
at 2018-07-09 21:55
リカラーさん
at 2018-07-08 14:30
Desktop Statio..
at 2018-07-02 20:44
KATO 485系みどり4両..
at 2018-06-30 08:36
TOMIX ワム80000 ..
at 2018-06-24 20:49

最新のコメント

レビューありがとうござい..
by Yaasan at 06:17
ジュンパパさんお久しぶり..
by salam091 at 06:54
お晩です、コメントご無沙..
by ジュンパパ at 22:33
> Atsushiさん ..
by salam091 at 21:01
御無沙汰しております。 ..
by Atsushi at 21:51
> Atsushiさん ..
by salam091 at 11:20
こんばんは。 私が小学..
by Atsushi at 00:08
Atsushiさんコメン..
by salam091 at 22:14
こんばんは。 うちの2..
by Atsushi at 22:38
ジュンパパさんこんにちは..
by salam091 at 16:27

外部リンク

タグ

(317)
(304)
(223)
(206)
(133)
(132)
(123)
(64)
(52)
(40)
(34)
(32)
(21)
(20)
(15)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

2011年 10月 12日 ( 1 )

安達C61の組み立て その29 完成

ほぼ完成、という状況のまま走らせに行ったりしていたC61ですが、LED照度の調整を済ませたので一応、「完成」ということにします。
f0229311_21481346.jpg

結局、ハンダ付けが楽という安易な考えで3020チップLEDを使ったのが敗因で、抵抗の調整ではどうにもならないことが分かりました。修正方法は更に安直に、クリヤーオレンジをLED表面に少し塗って、更に非点灯時にオレンジ色が目立たないよう、ガンダムマーカーのシルバーを塗り重ねてみました。
天賞堂ダイキャストカンタムD51との比較。
非点灯時
f0229311_21484989.jpg

点灯時
f0229311_2149986.jpg

ちょっとオレンジすぎるような感じもしますが、照度はC61の方がまだ明るいですが、許容範囲に入った感じです。本格的に何とかするならば、LEDの方のサイズを下げる必要がありそうです。
D51は停止時には減灯状態で、走り出すと明るくなるのですが、この写真は走行時の明るさを再現するべく後ろを手で押さえています。

比較ついでに、完成記念重連走行。
似たような動画は既にアップしていますが、今度は2両ともサウンド付き、ヘッドライト点灯です。
(音量注意・うるさいです)

日曜日にホビセンに持って行った時には、アナログ対応させる際に明るすぎる前照灯の配線は接続せず、非点灯状態で走らせていたところ、ギャラリー数名から頂いたコメントのなかには「やっぱりヘッドライトが点灯しないと」というご不満というか、ご要望もありました。
現役時代は昼間は非点灯が多かったはずで、室内灯も付けていないので消灯状態でも構わないとは思うのですが、現在見ることの出来る復活蒸機は昼間点灯しているので、前照灯が点灯していないと納得できない方も多いのだと思いました。

ところで、キットを購入した当初は真鍮キット未経験者がいきなり取り組んで完成するかどうか、あまり自信もなく「ブログに製作記事を投稿すれば失敗すれども投げ出さないだろう」程度で着手したわけですが、出来栄えがイマイチなところが沢山あるものの投げ出しさえしなければちゃんと組み上がる、ということが判明しました。プロポーションの面では安達製作所キットの出来が相当に良いため、良く走り実物に非常に似ている模型を手にすることができて大変満足です。

当ブログ読者の皆様からも沢山のコメントを頂き、励みになりました。お礼申し上げます。
このブログを読んでブラス蒸気機関車の組み立てにご興味を持たれる方が増えればうれしく思います。
関心が湧いたら是非、私も参考書にした「Craftmodels 7」を手に取って読んでみてください。キット付属の説明書ではわからない部分が写真入りで丁寧に説明されています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2011-10-12 22:13 | 蒸機 | Comments(8)