主にNゲージ、HO蒸気機関車の鉄道模型と撮影記を扱っています。


by salam091

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
実物
蒸機
客車
電機
DL
DC
貨物(国鉄)
貨物(JR)
レイアウト
その他
EC
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新の記事

天賞堂カンタムC62 ギヤ割れ
at 2017-09-22 06:54
KATO 1-306 EF6..
at 2017-06-26 23:01
安達C55レストア ホビーセ..
at 2017-06-11 07:11
SLレトロみなかみの撮影 続き
at 2017-04-30 06:56
SLレトロみなかみの撮影
at 2017-04-29 20:52
KATO 2021 C11 ..
at 2017-04-16 16:24
KATO 2021 C11 ..
at 2017-04-15 14:10
TOMIX HO ナハフ11..
at 2017-03-17 21:18
TOMIX HO ナハフ11..
at 2017-02-11 09:48
KATO HO 「鶴見線シリ..
at 2017-02-04 21:38

最新のコメント

ジュンパパさんこんにちは..
by salam091 at 16:27
KATOのC11、私も予..
by ジュンパパ at 18:08
Railstar-rik..
by salam091 at 17:51
先日は私のブログにご訪問..
by railstar-rikkun at 22:40
Atsushiさんこんば..
by salam091 at 18:57
こんばんは。 海外遠征..
by Atsushi at 22:00
taka@さんコメントあ..
by salam091 at 01:24
こんばんは~ いつもな..
by i-qss at 23:28
Kさん初めまして。 新..
by salam091 at 23:33
こんにちは。 自分もこ..
by K at 15:51

外部リンク

タグ

(312)
(292)
(219)
(201)
(129)
(128)
(117)
(63)
(47)
(36)
(34)
(32)
(21)
(20)
(15)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

タグ:Nゲージ ( 292 ) タグの人気記事

TOMIXとKATOのスハネフ14を比較してみる

今回の「北陸」では新機軸として寝台はしごの再現がされています。
KATOの14系/24系寝台では「14系さくら」以来当たり前の装備となった寝台はしごですが、TOMIXが追随しました。
f0229311_17373722.jpg


というわけで両者の比較です。
まずは、一番違いが分かりやすい屋根上から。
f0229311_17262848.jpg

TOMIXはクーラーが銀色で塗り分けされています。JRデジタル無線アンテナの有無は時代の違いによるものです。
f0229311_17364755.jpg

KATOの方は賛否両論ある屋根板の溶接痕が再現されています。TOMIXはここは無視の模様です。

続いて車掌室部分。
f0229311_17282074.jpg

どちらもよく似ています。Hゴムの色とドア部分の白線についてはプロトタイプの時代による違い。
またKATOは3段寝台時代、TOMIXは2段寝台改造後です。
f0229311_1730276.jpg

色はTOMIXがマゼンタ寄り、KATOの方が彩度が低いのは両者の傾向です。

サイドの比較。寝台はしごは、KATOの方が繊細です。
f0229311_1732678.jpg

中間のスハフ同士の比較です。
f0229311_17334754.jpg

KATOの「さくら」は分割併合を模型でも再現する前提の模型のため、テールマークが再現されています。
TOMIXの方はテールマークはありません。TOMIXは中間車にはライト基板もありませんが、消灯スイッチもありません。実車は分割併合しないので、不要ですが。

KATOは床下の消火器も装備されていたりします。その他はほぼ互角です。
f0229311_17371127.jpg


KATOについては、号車札、方向幕やドア上の「B寝台」などの寝台表示があり、価格面も合わせKATOの方が魅力的に思います。上の比較写真ではTOMIXも号車札が入っていますが、レボリューションのステッカーを貼ってみたものです。
f0229311_17421255.jpg

これを一両4箇所、12両で48個切り出して貼りました。
f0229311_17435776.jpg

f0229311_174453.jpg


北陸のお座敷レイアウトでの運転の模様をYouTubeにアップしました。


新品の模型ですが、スハネ14-750の一両の室内灯がちらついています。
こんなところもKATOの方が上手と思うところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-04 17:45 | 客車 | Comments(0)

TOMIX 14系特急寝台客車(北陸)の整備 その2

12/7追記: この通りに車番を貼るとスハネフの車番とトイレ窓がエラーになってしまいます。

車番写真を入れているとページが増えてしまうので模型だけに絞ります。

1号車はスハネフ14 32。
f0229311_9471074.jpg

f0229311_9473831.jpg

ここからは増結セットです。
10号車はオハネ14 89。これは末期には連結されていませんでしたので、乗車時には組み込まれていません。車番は適宜。
f0229311_949294.jpg

f0229311_94984.jpg

9号車はスハネ14 752。
f0229311_9493285.jpg

f0229311_9494190.jpg

8号車はスハネ14 759。これも乗車時は欠車でした。
f0229311_9511842.jpg

f0229311_9512520.jpg

7号車はスハネ14 758。同じく。
f0229311_9513423.jpg

f0229311_9514241.jpg

6号車はスハネフ14 31。同じく乗車時は連結されていませんでした。
付属品の幌を取り付けていますが、指示書の通りドリルで穴を開けるのではなく、最後尾を入れ替えたくなった時に備えGクリアで固定しています。
f0229311_951521.jpg

f0229311_952118.jpg

5号車はスハネフ14 28です。こちらも幌をつけました。
f0229311_9521377.jpg

f0229311_9522178.jpg


乗車時には既に末期の短縮編成でしたが、模型はフル編成で楽しみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-03 10:04 | 客車 | Comments(0)

TOMIX 14系特急寝台客車(北陸)の整備 その1

KATOの創業者、加藤祐治さんが11月21日逝去されました。
故人のご冥福をお祈りします。

12/7追記: この通りに車番を貼るとスハネフの車番とトイレ窓がエラーになってしまいます。

ナンバーインレタ、室内灯、TNカプラー、トイレタンクの取り付け、JR無線アンテナの取り付けを済ませました。トイレタンクはPZ-105「トイレタンクL/R」をGクリアで貼り付けています。

製品の並び順通りに。車番写真は乗車した時に金沢駅で撮影したものです。

長岡方12号車はスハネフ14 35としました。
f0229311_9284465.jpg

f0229311_926447.jpg

f0229311_929159.jpg

11号車はオハネ14 82。
f0229311_9305226.jpg

f0229311_931353.jpg

f0229311_9312067.jpg

基本セットはここから4号車に飛びます。
スハネ14 755。
f0229311_933682.jpg

f0229311_9334313.jpg

f0229311_9335247.jpg

3号車の車番はもちろん乗車した通りオロネ14 703。
f0229311_9365454.jpg

f0229311_937585.jpg

f0229311_9371490.jpg

2号車のシャワー付き車両はスハネ14 703。
f0229311_9391966.jpg

f0229311_9404923.jpg

f0229311_9405226.jpg


このBlog、写真を15枚までしかアップできないので続きます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-03 09:42 | 客車 | Comments(0)

TOMIX 98614 JR 14系特急寝台客車(北陸) 増結セット 各車両

続いて増結セットを見ていきます。

オハネ14。
f0229311_21392396.jpg
f0229311_21393737.jpg

スハネ14 750。
f0229311_21401018.jpg

f0229311_21401819.jpg

スハネ14 750。
f0229311_2141034.jpg

f0229311_2142967.jpg

スハネ14 750。同じ車両が続きます。
f0229311_21424638.jpg

f0229311_21425567.jpg

スハネフ14。中間封じ込め用の模型です。
f0229311_2143163.jpg

f0229311_21432439.jpg

スハネフ14。同じく中間封じ込め用の模型です。テールサインはありません。
f0229311_2144871.jpg

f0229311_2144151.jpg

TNカプラーにトイレタンク、室内灯。北陸編成の到着を待っていました。
f0229311_2147385.jpg

TOMIXの模型は付属品が高価なのが難点です。

のんびり付属品の取り付けをやっていこうと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-01 21:49 | 客車 | Comments(0)

TOMIX 98613 JR 14系特急寝台客車(北陸) 基本セット 各車両

せっかくなので各車両の様子です。
スハネフ14。
f0229311_21321732.jpg

f0229311_2124387.jpg

オハネ14。
f0229311_2125215.jpg

f0229311_21254584.jpg

スハネ14 750。
f0229311_2126445.jpg

f0229311_21261542.jpg

オロネ14 700。これが乗車したやつです。
f0229311_21264153.jpg

f0229311_21264917.jpg

スハネ14 700。シャワー付きです。
f0229311_21271961.jpg

f0229311_21272830.jpg

スハネフ14。最後尾仕様でダミーカプラーとなっています。
f0229311_21274264.jpg

f0229311_21281159.jpg

テールライトとテールサインはLEDできれいに点灯しますが、まあ値段が値段ですしね。
f0229311_21333432.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-01 21:35 | 客車 | Comments(0)

TOMIX 98613/98614 JR 14系特急寝台客車(北陸)

TOMIXの北陸フル編成が届きました。
f0229311_20102246.jpg

f0229311_2094545.jpg

こちらは基本編成です。
f0229311_20545386.jpg

そしてこちらが増結セット。
f0229311_20551755.jpg

北陸は2010年の1月に息子と乗車しました。
f0229311_2172288.jpg

ボンネット能登と共に。
牽引機は金沢⇨長岡がEF81 140
f0229311_21104794.jpg

長岡⇨上野がEF64 1053でした。
f0229311_21111538.jpg

乗車したのはオロネ14 703でした。
f0229311_21141394.jpg

牽引機はずいぶん前に調達してありました。
f0229311_6472038.jpg

f0229311_710224.jpg


次は各車両を見ていきたいと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-12-01 20:53 | 客車 | Comments(0)

KATOカプラー密連形#2 新性能電車用・短 E231東海道線との相性

「新性能電車用」と銘打っていますが、密着連結器自体はJR東日本の車両も大きく異なっていないことが判明したため、E231近郊形車両を取り出してみました。
f0229311_21324936.jpg
実物は棒連結器または簡易密着連結器となっていますので、フック部分があった方が良いか、ない方が良いかという次元です。E231には、このフック部分を生かしたジャンパー線パーツを取り付けています。
f0229311_21324954.jpg
このジャンパー線パーツは、KATOカプラー密連形#2 新性能電車用・短を取り付けると、固定することができません。
f0229311_21325003.jpg
お好みに合わせて、ということになりますが、フック付きのカプラーも役立つ局面がありそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム

[PR]
by salam091 | 2016-09-04 21:39 | EC | Comments(0)

KATO 11-731 KATOカプラー密連形#2 新性能電車用・短

KATOとしては久しぶりにカプラーの新製品です。機関車牽引列車が主力の当鉄道にはKATOの新性能電車は485系、583系、115系しかありません。このうち115系は台車マウントの旧規格製品ですので、485系と583系のカプラーを交換することにしました。
f0229311_07181412.jpg
裏面の説明です。
f0229311_07181515.jpg
早速485系の交換を開始。まずは「電連付き」カプラーを取り外します。
f0229311_07181547.jpg
パッケージ説明に沿ってカプラーを組み立てます。
f0229311_07181661.jpg
カプラー上面にはモールドが追加されていますね。
f0229311_07181634.jpg
カプラー下面は、例の電連風フックがなくなっています。
f0229311_07181620.jpg
連結面間はタイトですが、走行に支障はないようです。
f0229311_07181769.jpg
485系13両、583系12両の交換を完成させました。どちらも先頭車前面はカプラーカバーのため、完全に自己満足の世界。
f0229311_1993829.jpg
f0229311_9331017.jpg
連結や解結はスムーズですし、フック付きの物より取扱いは簡単です。JR世代の車両に似合う現代版(グレー)も登場してもらいたいですね。しかし、密着連結器も色々な形態があって、カプラー事情がHOに比べ恵まれているNゲージとはいえ、全部に対応することは難しいだろうと思います。
f0229311_08373062.jpg
今回模型化された、「新性能電車」代表選手の115系のカプラー。確かに形態は似ています。
f0229311_08120054.jpg
こちらはキハE120のカプラー。2段電連があるほか、新性能電車と比べると左右が削ってあります。
f0229311_07571574.jpg
651系のカプラー。E120に似ていますが、電連は一段です。E120より穴が多いです。
f0229311_08044387.jpg
107系のカプラー。E651とカプラー自体は同じに見えますが、胴受けが違います。
f0229311_07571683.jpg
E235のカプラー。新性能電車に似て横長のものですね。
f0229311_08283708.jpg
E233京浜東北線のカプラー。新性能電車と似ていますが、やはり胴受けが違います。
f0229311_07571517.jpg
E231東海道仕様のカプラー。
f0229311_08273452.jpg
国鉄型最終グループの205系。
f0229311_07571502.jpg
通勤型電車のカプラーは横長ですね。

製品は「新性能電車用」ということになっていますが、E231/E233/E235の通勤形に使うこともできる、という結論かと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム

[PR]
by salam091 | 2016-09-03 07:35 | EC | Comments(4)

GM阪急7000系ライトユニットのLED交換

動力ユニット更新のために久しぶりに引っ張り出してきた阪急7000系ですが、動力ユニットの動作確認をしていたところヘッドライトがオレンジ色かつ暗く、テールライトと共にスケールスピードではとても暗いことを思い出しました。国鉄の機関車についてはほとんどLED交換したり、DCC化に伴ってLEDの高輝度電球色化は済んでいたのですが、この模型についてはすっかり忘れていました。ストックのチップLEDとチップ抵抗で更新します。ライトユニットを外すのに四苦八苦しましたが、屋根パーツを取り外してから作業するとうまく行きました。まずは元のユニットのLED基盤。オレンジチップLEDと赤色チップLED、チップ抵抗は272表記、つまり2.7kΩです。
f0229311_11480577.jpg
この状態でレールに当ててチェックしたところ、上側が前照灯・通過標識灯用、下側が後部標識灯、チップ抵抗は共用のようでした。電球色LEDは3020の手持ち、チップ抵抗は1kΩを使います。
f0229311_11590191.jpg
ユニット単体で点灯確認した後、ボディに戻して点灯確認。
f0229311_12014920.jpg
ちゃんと明るくなりました。
f0229311_12025251.jpg
尾灯もちゃんと明るくなりました。
f0229311_12022655.jpg
阪急も前照灯が徐々に白色LED化されていて、いつまでこの状態かはわかりませんが・・・。また宝塚側の連結器が並連から電連付密連に交換になったようですね。ちょこっと古いですが、以前撮影した7015Fです。
f0229311_12181254.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2016-08-27 12:36 | EC | Comments(0)

GM阪急7000系動力をコアレスモーター動力ユニットに更新

GMの阪急7000系については、このブログを始める前から持っています。この模型に装備されている動力は、2つのモーターの起動電圧が違うことからスローで走行させようとすると脱線する、機構上カントで集電不良になりやすい、うるさいという問題を抱えています。メーカーもこの点は良く踏まえていたようで、コアレスモーター動力ユニットが発売になりました。阪急7000系用には品番5714、18.5m動力ユニットと、8481「動力台車枠、床下機器セットA-1」が推奨されていますので、この2つを買ってきました。
f0229311_10353312.jpg
動力ユニットの箱はそこそこ大きいですが、中身はほとんどが緩衝材でした。(動力ユニットが巨大では困ってしまいますが)
f0229311_10443310.jpg
肝心の動力ユニットはこんな感じです。
f0229311_10462712.jpg
台車部分は鉄コレにそっくり。試していませんが、鉄コレの台車レリーフが使えそうな構造です。(室内灯もTOMIX互換ですし、多分共用を意図しているのだと思います)
f0229311_10473439.jpg
カプラーは動力台車のギヤカバーについています。この部分を取っても、ギヤはバラバラになりません。
f0229311_10505096.jpg
8481「動力台車枠、床下機器セットA-1」の床下機器パーツを取り付けて新旧ユニットを比較します。下がコアレスモーター動力です。床下機器ユニットは同じパーツのようです。また車内で目立つ突出部分がなくなりました。
f0229311_10520299.jpg
f0229311_10542489.jpg
この阪急7000系に関しては、カプラーを「マイクロカプラー」にしていますので、台車のカプラー取付部分を切り取ります。旧動力の場合、台車がTNやマイクロカプラーと干渉するので同じくカットが必要でしたが、新動力の場合作業が簡単になりました。
f0229311_10575596.jpg
台車レリーフを取り付けギヤカバーを戻した状態です。
f0229311_11001321.jpg
f0229311_11002197.jpg
旧動力台車と比較します。右側が旧動力台車。
f0229311_11011322.jpg
マイクロカプラーを旧ユニットからコアレスモーター動力ユニットに移設して、再びユニット同士を比較してみます。上が新ユニットですが、台車レリーフの成形色が変わっているようです。
f0229311_11032054.jpg
ボディを取り付けてみました。動力が窓下に収まっています。しかしボディとの固定は緩く、Gクリアを併用することに。ボディとの組み付けは旧動力の方が良かったように思います。
f0229311_11054944.jpg
試走したところ、フライホイール効果がバッチリで、スムーズな走行です。走行音も当然下がりましたし、スローで脱線することもありません。起動電圧は、私の環境では新旧であまり変わりません。旧動力の床下機器は流用可能ですし、動力台車枠も鉄コレ方式なので、旧ユニットから流用することも可能だと思います(固定方法は各自工夫)。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム

[PR]
by salam091 | 2016-08-27 11:32 | EC | Comments(0)