主にNゲージ、HO蒸気機関車の鉄道模型と撮影記を扱っています。


by salam091

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
実物
蒸機
客車
電機
DL
DC
貨物(国鉄)
貨物(JR)
レイアウト
その他
EC
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新の記事

KATO 1-306 EF6..
at 2017-10-15 21:27
各種ヨ8000の比較
at 2017-10-08 23:35
KATO 1-805 ヨ80..
at 2017-10-08 07:53
TOMIX EF81 81 ..
at 2017-10-01 20:33
天賞堂カンタムC62 ギヤ割れ
at 2017-09-22 06:54
KATO 1-306 EF6..
at 2017-06-26 23:01
安達C55レストア ホビーセ..
at 2017-06-11 07:11
SLレトロみなかみの撮影 続き
at 2017-04-30 06:56
SLレトロみなかみの撮影
at 2017-04-29 20:52
KATO 2021 C11 ..
at 2017-04-16 16:24

最新のコメント

Atsushiさんコメン..
by salam091 at 22:14
こんばんは。 うちの2..
by Atsushi at 22:38
ジュンパパさんこんにちは..
by salam091 at 16:27
KATOのC11、私も予..
by ジュンパパ at 18:08
Railstar-rik..
by salam091 at 17:51
先日は私のブログにご訪問..
by railstar-rikkun at 22:40
Atsushiさんこんば..
by salam091 at 18:57
こんばんは。 海外遠征..
by Atsushi at 22:00
taka@さんコメントあ..
by salam091 at 01:24
こんばんは~ いつもな..
by i-qss at 23:28

外部リンク

タグ

(312)
(294)
(222)
(201)
(130)
(129)
(117)
(63)
(49)
(38)
(34)
(32)
(21)
(20)
(15)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

カテゴリ:貨物(国鉄)( 21 )

各種ヨ8000の比較


あんまり意味はないですが、写真上見た目の大きさを揃えて比較してみました。

まずはKATOのHO。トイレ側です。
f0229311_08121288.jpg
KATOのNゲージ。尾灯が点灯しないのでデッキ妻板の薄さは3つの模型で最薄です。
f0229311_08090661.jpg



TOMIXのN。屋根が黒い他、集電板の銅色が目立ちますね・・・。
f0229311_08090890.jpg

反対側です。KATOのHO。
f0229311_08152920.jpg
KATOのN。
f0229311_08140977.jpg
TOMIXです。
f0229311_08090720.jpg
こんどは妻面から。KATOのHO。
f0229311_08090874.jpg

KATOのN。
f0229311_08181333.jpg

TOMIX。
f0229311_08090792.jpg
反対側。KATOのHO。
f0229311_08090888.jpg
KATOのN。
f0229311_08212595.jpg
TOMIX。
f0229311_08090714.jpg
KATOのNについてはワム80000と共にリニューアル待ちの製品であり、1:140程度と大きく、尾灯も点灯しないのであまり走らせることはありませんが、こうして見るとディテールもなかなかで、当時としてはとても優れた製品であったように思います。
特に側面についてはHOとNで大きく印象が変わりません。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2017-10-08 23:35 | 貨物(国鉄) | Comments(0)

KATO 1-805 ヨ8000形車掌車 入線!

KATOのヨ8000が再販となりました。当鉄道にも一両入線しました。
f0229311_08364032.jpg
f0229311_07374818.jpg
ユーザー取付パーツは屋根上のベンチレーター2個と車番、所属インレタです。手ブレーキ側のデッキステップと手すりを白塗装したいですね。
f0229311_08001643.jpg

カプラーをKadee #153に変更しました。眺めているとつくづくコキフのキャブだけ二軸貨車の上に据え付けた実態がよくわかります。台枠に対してキャブの長さが合ってない(短すぎる)し、屋根がデッキ端まで届いていません。

Nゲージのヨ8000も二両在籍しています。屋根が黒いのはTOMIXの模型。
f0229311_09160801.jpg
KATOのNゲージヨ8000は古い製品でテールライトは点灯しません。
f0229311_09183290.jpg
TOMIXの方はテールライトは点灯します。
f0229311_09171484.jpg
当鉄道ではワム80000列車の殿として活躍してもらいます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム

[PR]
by salam091 | 2017-10-08 07:53 | 貨物(国鉄) | Comments(0)

「日本の貨物列車」を買ってみた

D51牽引の貨物列車の走行シーンのあと、レイアウトを暴走する列車が写っているCMでおなじみのアレを買ってみました。
f0229311_20593770.jpg

家族に「アレは買わないの?」と聞かれ続けていたのですが、近所の本屋に補充されていたので1号のみ入手してみました。
付録のワム70000です。モールドは甘いですが、印刷はまあまあのようです。
f0229311_210404.jpg

カプラーを交換するべく分解してみます。
f0229311_211246.jpg

変わった構造ですね。床板に穴があいている理由はなんでしょうね。
で、車間短縮ナックルカプラーを取付けてみます。
f0229311_2115436.jpg

ポケットが浅くそのままでは入りませんでした。このため、カプラーの下側をナイフで適宜切ってやります。
下側が対策済みのものですが、違いが分かりますかね?
f0229311_213091.jpg

カプラーを加工したら普通に取付け可能になります。
f0229311_2134817.jpg

ボディを付けて、KATOワラ1と連結させてみました。
f0229311_2141048.jpg

こちらはワム90000。
f0229311_215121.jpg

どちらもカプラー高さは少しずれるようですが、実用上の問題はないようです。
490円で貨車が一両なら悪くないですが、2号から貨車1両とレール一本で三倍の価格になるのはちょっと理解できないぐらい高いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2013-10-19 21:08 | 貨物(国鉄) | Comments(2)

日本鉄道模型ショウで買ったもの

去年はボッタクリ価格で客車のキットを買ったりしましたが、C57も未完成のまま放置されている状況のため、比較的平穏に過ごしていました。
恒例となったアクラスのB級品セールですが、前からちょっと気になっていたワム80000が一両1,500円〜とお得なので、買ってみました。
f0229311_22173445.jpg


More
[PR]
by salam091 | 2012-10-29 22:24 | 貨物(国鉄) | Comments(2)

KATOから伯備線石灰貨車セット発表

最近KATOのHPにはD51の三重連を楽しんで欲しいと書いてありましたが、伯備線の三重連シーンを再現するための貨車セット(後藤集煙装置付き)が発表になりましたね。
(下の写真は以前D51498を改造したもので、KATOの製品とは異なります)
f0229311_1571222.jpg

f0229311_1573145.jpg

昭和40年代後半、国鉄の近代化計画の推進で各地から蒸気機関車が姿を消すなか、「SLブーム」と呼ばれる社会現象が起きました。鉄道ファンのみならず、一般の人々が写真機を肩に、全国へ蒸気機関車を求めて撮影旅行へと出かける一大ブームでした。
そのなかでも北の「ニセコ」に比して大きく話題となったのが「布原(ぬのはら)」でした。中国山地を縦断し山陽と山陰を結ぶ伯備線、その山間の布原信号所を舞台に繰り広げられるD51三重連の引く石灰輸送列車が注目を浴びたのです。伯備線足立(あしだち)駅にある足立石灰工業から出荷された、製鉄原料としての生石灰と石灰石を、姫路市にある新日本製鐵の広畑製鉄所へと輸送するための石灰輸送列車2492列車です。
水と反応すると高熱を発する生石灰を密閉して運ぶホキ7000、石灰石を運ぶセキ6000と、2種類の貨車を連ねた重量石灰輸送貨物列車を牽引するために、D51が3両も連なり列車交換のため停車した布原信号所から、猛然と煙を噴き上げ西川橋梁をゆく出発シーンを収めんと、全国からファンが殺到することとなったのです。
伯備線石灰輸送貨物列車12両セットは、その2492列車を再現するのに最適な貨物列車セットです。
● 国鉄のテンダー式蒸気機関車では最小のC56。その軽快なスタイルを的確に再現。
● 昭和40年代、中込機関区所属車をプロトタイプに製品化。

● あの伯備線布原のD51三重連を再現する、石灰輸送列車セット。
● 石灰輸送専用のホキ7000×5両、セキ6000×6両、ワフ29500×1両のセットにD51用集煙装置×3、ナンバープレート×4種のセット構成。
● 生石灰輸送のホキ7000は、足立石灰工業所有車を新規に製作し再現。車番違いで5両を設定。
● 石灰石輸送のセキ6000は、既存の#8032 セキ6000を専用の車体表記類と車番違いで6両を設定。
● 積荷(石灰石)を新たに製作し、所属管理局の「岡」表記を記し、石灰石輸送専用のセキ6000を再現いたします。
● しんがりを務める車掌車はワフ29500。現行製品(#8030)の車番違いで設定。
● 布原三重連を再現するための必需品、伯備線新見機関区所属のD51を特徴付ける後藤式集煙装置が3個付属。
● さらに新見機関区所属のD51ナンバープレート(179・409・774・889)が付属。
● カプラーはアーノルドカプラー標準装備。
● 車両ケースは6両ブックケースタイプ。専用中敷で貨車・車掌車12両をすべて収納。
● 伯備線石灰輸送貨物列車を牽引する機関車のD51標準形(#2016)は別売となります。

● 特別企画品のため、Assy部品の販売はございません。

2行ほどC56の説明が残ってます(笑)
そして集煙装置の別売はない、ということですね。
この夏は布原信号場のセクションレイアウト製作が流行るかもしれませんね。
「撮り鉄」フィギュアを沢山並べるとそれらしいかもしれません。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム
[PR]
by salam091 | 2012-07-04 00:11 | 貨物(国鉄) | Comments(4)

国鉄タンクコンテナT10

f0229311_2257737.jpg


製品の説明によれば、
1964年に旧400形として24個が製造されました。
黄緑のコンテナカラーで、タンク型にも関わらず「戸口から戸口へ」のキャッチフレーズが入っているのが印象的です。
製作数量は少量でしたが、現在は4番が鉄道博物館に展示されています。

ということなので、こうしてみました。コキの車番も50000です。
f0229311_2258320.jpg

大宮の展示とはコンテナが3個も違いますけど。

T10タンクコンテナの作りは他のタンクコンテナ(私有UT1形タンクコンテナ)と同様です。
塗装はUT1より若干良いように思いますが、コキ車の爪に対して緩いので紛失注意です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2011-05-19 23:05 | 貨物(国鉄) | Comments(0)

改造蒸気機関車をレイアウトで走行させました

完成したC57ですが、分割レイアウトの上を走らせました。
f0229311_1959280.jpg

f0229311_2001039.jpg

お伴はD51標準タイプです。
f0229311_19595097.jpg

自分で改造しなくてはならないとはいえ、Nゲージ蒸気機関車でとうとう1/150のD51とC57の競演が可能となりました。

動画もあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2011-04-30 20:04 | 貨物(国鉄) | Comments(2)

お座敷レイアウトで黒貨車を楽しむ

レールを買い足したので、ちょっと変則的なレイアウトを組み、黒貨車を走らせてみました。
もちろんワム23000も混ぜてあります。
先日点灯化したワフ29500の尾灯は、ピボット一軸集電(つまり、プラス、マイナスそれぞれ一点)の割にはキレイに点灯します。DCCの恩恵でしょうか。

貨車に施したウェザリングはまるで目立ちません。


あと銀座のお店の4階をのぞいてきました。DCCサウンド化された、天プラのC623が箱に入ったまま置いてありました。「ぐっとお安い」値段ですね。さすがに天プラC58より安い価格で売られているので中身が気になりますが、多分見ない方が良いんでしょうね。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2010-11-23 21:59 | 貨物(国鉄) | Comments(0)

エンドウ ワム23000キットを組む その2

家族が風邪をひいており、どこにも出かけられないのでワム23000を仕上げました。
f0229311_1750176.jpg

インレタはうまく貼れました。ドライヤーはやはり有効なツールです。
f0229311_1763133.jpg

塗装面がざらざらです。
手摺を削ったところは、塗装が荒れてしまったのであまり目立ちません。
f0229311_17502744.jpg

ホコリが一杯写ってしまいました。

カプラーはIMONカプラー101を装着しました。10組(20個)2,520円ですから、5組(10個)1,000円のKATO HOナックルカプラーよりは高価ですが、NのボディマウントTNカプラーよりは安いです。KATO HOナックルカプラーを装着していた黒貨車も全部IMON 101に変更しました。

今回から、黒貨車はウェザリングしてみました。タミヤのフラットアースを薄めたものをエアブラシで吹きました。手持ちの黒貨車全部にウェザリングしてみましたが、却って単調になったかもしれません。
f0229311_17504641.jpg

f0229311_1751293.jpg

ワム23000のキットにはワム90000タイプとして仕上げるためのインレタも入っています。
(といっても、「形式ワム90000」というものだけですが)
バラナンバーと組み合わせて、ワム90000として楽しむのも良いと思います。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2010-11-21 16:46 | 貨物(国鉄) | Comments(0)

エンドウ ワム23000キットを組む その1

いつも同じような記事ですいません。また買ってきてしまいました。
f0229311_11503654.jpg

ワム23000とはWikipediaによると「1938年(昭和13年)から製造が開始された15 t 積み鋼製有蓋車で(中略)約6,500両が製造された。(中略)標準型の15 t 積み有蓋車として使用されたが、1953年(昭和28年)から1968年(昭和43年)にかけて走行装置の2段リンク化改造を受けワム90000形となった。」そうです。ポピュラーなワム90000の種車ということです。

中身の写真も今までのカ3000やらと似たようなものです。
f0229311_11513740.jpg

サクサク組んで箱にします。下回りももう慣れてしまいました。
f0229311_11521432.jpg

しかし、何か変。足踏みブレーキのない側に手摺?
f0229311_11534533.jpg

KATOのワム90000を見てみます。手摺はブレーキ側だけです。
f0229311_11584941.jpg

Googleした結果、エンドウのプラモデルが間違っていると決めつけ、モールドされている手摺の撤去をしてみることに。(本当はエンドウの貨車はそんなに厳密なスケールモデルじゃないので、こういう加工をすることに何の意味があるのか分かりませんが)
f0229311_122374.jpg

f0229311_1232698.jpg


塗装してみました。
f0229311_1234563.jpg

失敗して砂吹きになっちゃいました。まるで吹き付けタイルです。
それと連結器を買い忘れたので完成しません。ついでにブレーキの部品が一個どっかいっちゃいました。orz...
おかげでインレタ貼る元気がなくなっちゃいましたので、続きはまた今度。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by salam091 | 2010-11-20 12:09 | 貨物(国鉄) | Comments(0)