主にNゲージ、HO蒸気機関車の鉄道模型と撮影記を扱っています。


by salam091

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
実物
蒸機
客車
電機
DL
DC
貨物(国鉄)
貨物(JR)
レイアウト
その他
EC
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

TOMIX HO ナハフ11..
at 2017-03-17 21:18
TOMIX HO ナハフ11..
at 2017-02-11 09:48
KATO HO 「鶴見線シリ..
at 2017-02-04 21:38
TOMIX EF8181お召..
at 2017-01-29 17:10
TOMIX EF8181お召..
at 2017-01-29 00:03
モロッコの鉄道
at 2017-01-22 11:22
サハラ砂漠
at 2017-01-21 21:49
カツミC55レストア その1..
at 2017-01-09 15:51
カツミC55レストア その9..
at 2017-01-08 18:36
カツミC55レストア その8
at 2017-01-07 16:37

最新のコメント

Railstar-rik..
by salam091 at 17:51
先日は私のブログにご訪問..
by railstar-rikkun at 22:40
Atsushiさんこんば..
by salam091 at 18:57
こんばんは。 海外遠征..
by Atsushi at 22:00
taka@さんコメントあ..
by salam091 at 01:24
こんばんは~ いつもな..
by i-qss at 23:28
Kさん初めまして。 新..
by salam091 at 23:33
こんにちは。 自分もこ..
by K at 15:51
ジュンパパさん今年もよろ..
by salam091 at 06:44
明けましておめでとうござ..
by ジュンパパ at 21:28

外部リンク

タグ

(306)
(290)
(216)
(199)
(129)
(127)
(117)
(63)
(47)
(36)
(34)
(32)
(21)
(20)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

GM阪急7000系動力をコアレスモーター動力ユニットに更新

GMの阪急7000系については、このブログを始める前から持っています。この模型に装備されている動力は、2つのモーターの起動電圧が違うことからスローで走行させようとすると脱線する、機構上カントで集電不良になりやすい、うるさいという問題を抱えています。メーカーもこの点は良く踏まえていたようで、コアレスモーター動力ユニットが発売になりました。阪急7000系用には品番5714、18.5m動力ユニットと、8481「動力台車枠、床下機器セットA-1」が推奨されていますので、この2つを買ってきました。
f0229311_10353312.jpg
動力ユニットの箱はそこそこ大きいですが、中身はほとんどが緩衝材でした。(動力ユニットが巨大では困ってしまいますが)
f0229311_10443310.jpg
肝心の動力ユニットはこんな感じです。
f0229311_10462712.jpg
台車部分は鉄コレにそっくり。試していませんが、鉄コレの台車レリーフが使えそうな構造です。(室内灯もTOMIX互換ですし、多分共用を意図しているのだと思います)
f0229311_10473439.jpg
カプラーは動力台車のギヤカバーについています。この部分を取っても、ギヤはバラバラになりません。
f0229311_10505096.jpg
8481「動力台車枠、床下機器セットA-1」の床下機器パーツを取り付けて新旧ユニットを比較します。下がコアレスモーター動力です。床下機器ユニットは同じパーツのようです。また車内で目立つ突出部分がなくなりました。
f0229311_10520299.jpg
f0229311_10542489.jpg
この阪急7000系に関しては、カプラーを「マイクロカプラー」にしていますので、台車のカプラー取付部分を切り取ります。旧動力の場合、台車がTNやマイクロカプラーと干渉するので同じくカットが必要でしたが、新動力の場合作業が簡単になりました。
f0229311_10575596.jpg
台車レリーフを取り付けギヤカバーを戻した状態です。
f0229311_11001321.jpg
f0229311_11002197.jpg
旧動力台車と比較します。右側が旧動力台車。
f0229311_11011322.jpg
マイクロカプラーを旧ユニットからコアレスモーター動力ユニットに移設して、再びユニット同士を比較してみます。上が新ユニットですが、台車レリーフの成形色が変わっているようです。
f0229311_11032054.jpg
ボディを取り付けてみました。動力が窓下に収まっています。しかしボディとの固定は緩く、Gクリアを併用することに。ボディとの組み付けは旧動力の方が良かったように思います。
f0229311_11054944.jpg
試走したところ、フライホイール効果がバッチリで、スムーズな走行です。走行音も当然下がりましたし、スローで脱線することもありません。起動電圧は、私の環境では新旧であまり変わりません。旧動力の床下機器は流用可能ですし、動力台車枠も鉄コレ方式なので、旧ユニットから流用することも可能だと思います(固定方法は各自工夫)。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
鉄道コム

[PR]
by salam091 | 2016-08-27 11:32 | EC | Comments(0)